« ASUSのミニノート | トップページ | 着信拒否して何が悪い »

2008年9月28日 (日)

手帳の季節

 ようやく朝晩涼しくなってきた.手帳を更新する時期だ.もう文具店には2009年版の手帳やリフィルが並んでいる.昔は手帳というものは毎年十二月に新しくして翌一月から使い始めるものだと思ったが,次第に早まり,今は十月更新というものが多いらしい.中身は十一月から使えるようになっている.

 アスキー社と野口悠紀雄教授のコラボで『「超」整理手帳』が作られたのは,もうかなり前のことだ.なかなか使いやすい手帳で,発売されてから数年間,私はこの手帳を愛用した.ところがその後,PDAのブームがあり,ソニーから『クリエ』が発売された.というよりも,『クリエ』が出たからPDAブームが起きたというべきか.愚かな私はすぐにこれに飛びついたのだった.
 諸兄既にご存知のように,ソニーという会社は消費者指向ではない.PDAが大した商売にならないことが分かると,ブームを盛り上げておきながら,さっさと撤退してしまった.
 生産中止となった製品を,バッテリがへたるまで人前で使い続けるのは,あまり気分のいいものではない.「デキる男」感を演出するアイテムだったクリエの場合はなおさらで,みるみるうちにクリエが他のPDAを道連れにしてブームは終わってしまった.
 残されたクリエのユーザー達がどうしたか知らないが,私は「超」整理手帳に戻ろうとした.しかし気がついたら書店の店頭からこの手帳は消えていた.もとより出版社の作ったものだから文具店では扱っていない.あああれも撤退したのかと,それ以上探すこともなく私は普通のシステム手帳を使うことにした.

 それからまた数年が経った最近,ひょんなことから,今も「超」整理手帳は健在でamazonから入手できることがわかった(出版社がアスキーから講談社に替わっていた).私は喜んで2009年版を注文し,それが昨日届いた.包みを開封し,これが私の会社員として使う最後の手帳となるかも知れないと思いながら手にとって,少ししみじみとした.といっても定年後に悠々自適の暮らしができるわけではなく,年金が支給される六十五歳まで何かしら仕事をしないと食っていけないから働きはするが,大判の手帳が要るようなバリバリの正社員の途はまずない,という意味なんだけどね.

|

« ASUSのミニノート | トップページ | 着信拒否して何が悪い »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手帳の季節:

« ASUSのミニノート | トップページ | 着信拒否して何が悪い »