« ホームレス実態調査 | トップページ | 横浜県庁 »

2008年9月24日 (水)

携帯マサイ

 色々事情あって,全くこのブログを放置していた.
 どういう事情かというと,ネトゲにハマって文章を書く暇がなかったのである.こらこら.

 さてこの間の日曜日は出勤だった.藤沢駅のキオスクで毎日新聞を買い,Becker'sで朝飯を食いながら毎日新聞を読んだら,坂村健教授が連載コラム『時代の風』に《今や発展途上国では固定電話の段階を経ずにいきなり携帯電話の時代に突入している》状況について書いていた.その中の一部を《》に引用する.
《携帯電話の時間貸しのような新ビジネスも生まれているらしい。無理して借金をしてそれを資本に携帯を買ってミニミニ通信事業者に――途上国での資本主義の第一歩だ。それどころか、携帯で連絡を取りながら槍で獲物を狩るアフリカのマサイ族の話を聞いた時は、あまりのギャップに頭がクラクラした》

 マサイ族といえば,二十年ほど前に環境省からケニアに派遣されていた友人から聞いたいわゆる観光マサイの話を思い出した.
 アメリカから来た観光ツァー御一行様が遊牧民たるマサイ族の生活を見学した.有名なマサイ戦士の勇姿を見て感激した一人が彼らの住む掘っ立て小屋を覗き込んだら,中で戦士達がラジカセを聴いていたので腰から脱力したというのである.

 その当時でも,伝統的な暮らしをしているマサイ族のほかに,都市部に定住して職業を持っているマサイもいたわけであるが,あれから二十年も経った.坂村先生は頭がクラクラしたというが,狩猟を生業とするマサイの間に携帯電話が普及しても不思議ではないなあと思った.

|

« ホームレス実態調査 | トップページ | 横浜県庁 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

万作さん、お久しぶりです。(^^)

万作さんの記事から、だいぶ前に書き散らした文を思い出しました。
この時のマサイ族も槍を持ってたと思います。
http://www.nekobiyori.com/nora/norabiyori.html#030224

投稿: waiwai | 2008年9月26日 (金) 08時01分

 マサイ族のことはよく知らないんですが,Wikipediaその他によると,ケニア政府もタンザニア政府も,国境なんかお構いなく遊牧するマサイ族は気に入らないんでしょうね.昔から彼らが生きてきた遊牧地を動物保護区や国立公園などに指定して追い出し,定住化政策を進めているとか.いわゆる観光マサイについては,そういう背景を知らなけりゃいかんということなんでしょうね.
 折しも「日本は単一民族」発言で罷免されそうな大臣がいますけど,国境とは何か,国や民族とは何かについて,本も読まず考えることもしないと,ああいう人間ができあがるのでしょう.大阪の知事が早速応援発言をしてますが,あの男の頭の中も同程度だと思います.

投稿: 万作 | 2008年9月27日 (土) 16時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯マサイ:

« ホームレス実態調査 | トップページ | 横浜県庁 »