« 君と一緒に | トップページ | ハーバーライト »

2008年3月 9日 (日)

反動小町

 先月11日未明,米海兵隊キャンプ・コートニー所属のタイロン・ハドナット二等軍曹が,沖縄市街地で知り合った中学三年生の女子生徒を乗用車で連れ回し,車内で暴行したとして逮捕された事件.
 この事件について,知人の一人が,夜遊びしていた女子生徒が悪いと言い放って周囲から浮いていた.この人物(もう若くはない)は日頃から,周囲の人間が全く相づちを打たないために浮きまくりなのだが,南京大虐殺は中国の捏造だとかを大きな声で周囲に言っている.軍事オタクでもある.
 何が言いたいかというと,南京大虐殺と沖縄の事件は全く無関係のようではあるが,加害者よりも被害者を攻撃するという態度をとる人間のリトマス試験紙になるように思うのである.
 で,話は讀賣新聞のサイトにある読者投稿掲示板『発言小町』のこと.ここに「義兄のセクハラ、私にも非はあるの?」というスレッドができている.(讀賣の記事に直リンすると厄介なことになるので,単にURLを示すhttp://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0307/172758.htm?g=04&from=yol )

 この掲示板は「女性用」という趣旨であるので,特に断りがなければ女性の書き込みと見なされるのだが,このスレッドを読んだ人は驚くのではないかと思う.セクハラの被害者に「あなたに隙があったからだ」というレスが堂々と数多く書き込まれているからである.この国では戦後六十余年を経ていまだ民主主義も女性の人権もへったくれもないのだという現実がここにある.
 まあ,この掲示板は話題が何であれとにかくスレ主を攻撃するのを楽しみにしている常連女性達が多いという強いバイアスがかかっていると思う(私の他にも,男性から『発言小町』はあまりに偏っているとの書き込みを時折目にする)し,さらにはその攻撃的書き込みが本当に女性のものかという保証はないのだけれど.

|

« 君と一緒に | トップページ | ハーバーライト »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反動小町:

« 君と一緒に | トップページ | ハーバーライト »