« 中国産毒ギョーザ2 | トップページ | 商魂恵方巻 »

2008年2月 3日 (日)

ウケねらい

 おもしろければ何でもいい,というのが昨今の風潮で,これはテレビに限ったことではない.政治の場面では,大阪府知事選で次期知事にタレントの橋下徹氏が当選したのもそうだ.この人,選挙前にマスコミの取材で政策を訊ねられて,大阪府政と大阪市政の違いを理解しておらず,出来のよい高校生程度の行政知識しかないことが明らかになってしまったのだが,大阪府民は全然お構いなしにこの人を圧倒的に支持してしまった.こういうのを「おもしろければ何でもいい」というのである.

 山口県岩国市では,在日米軍再編に伴う米軍空母艦載機の岩国基地への移転に関して,これに反対する井原勝介・前市長が二年前に住民投票を実施し,圧倒的な「移転反対」の支持を得た.ところが移転容認派が多数の議会と対立して昨年12月に辞職し,現在市長選に再び立候補している.
 移転容認派は福田良彦・前自民党衆院議員を井原氏の対立候補に推しているが,橋下徹氏が先月31日,福田候補を支持することを報道陣に明らかにした.
 この時の報道取材で橋下氏は,井原氏が行った住民投票に関して《国の防衛政策に地方自治体が異議を差し挟むべきでない》《直接民主制の住民投票の対象の範囲は、間接代表制をとる日本の法制度上、制限があると思う》と批判した.(《》はasahi.com 2008/1/31 からの引用)
 これに対して井原氏は1日,《記者会見で「主権者である市民、国民が国政にものを言うのは当然だ。大阪でこういう問題が起きれば、国策だから府民の声は聞かないということなのか」と反論した》 (《》はasahi.com 2008/2/1 からの引用)
 続いて橋下氏は《憲法が間接代表制をとっている以上、住民投票の対象も絞られるべきだ」と述べ、橋下氏の発言に反論した前岩国市長の井原勝介氏について「もう少し憲法を勉強していただきたい」と痛烈に批判した》(《》はasahi.com 2008/2/1 からの引用)

 で,何が言いたいかというと,橋下氏の《もう少し憲法を勉強していただきたい》である.
 この人が軍備や核武装に関して日本国憲法と反対の立場に立つことはよく知られている.その人物が《もう少し憲法を勉強していただきたい》と発言すれば,きっとマスコミは喜ぶ.そんな計算の上でのウケねらい発言であろうと思われる.いかにも軽薄タレントの考えそうなことだ.大丈夫か大阪.

|

« 中国産毒ギョーザ2 | トップページ | 商魂恵方巻 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウケねらい:

« 中国産毒ギョーザ2 | トップページ | 商魂恵方巻 »